落ち着くってどう表現する?→「Chill out」

こんにちは。かほ(lay0211aynm)です。
京都を拠点にフリーのデザイナーとして活動しています。

このブログでは、京都を拠点に活動する「フリーランスの徒然なる日常」をテーマに、人生と旅のこと、わたしが日々感じていること、お仕事のこと…など
ちょっと役に立つことを等身大の想いで綴っています。

「Chill out」って知ってる?

「落ち着く」と聞いて、日本人なら真っ先にrelax(リラックス)という表現が浮かばないでしょうか?

実際に「リラックスする」など日本人同士の日常会話でも使いますよね。

でも、ネイティブの会話では頻繁に「Chill out」という表現が登場します。

「Chill out」は、「落ち着く」「のんびりする」などを意味するフレーズです。

例えば、「家に帰ってのんびりしよう」は「Let’s go home and chill out.」というような感じです。

(例文)

  • I’m tired. I’m going to go home and chill out today.
    (すごく疲れているので、今日は家に帰ってゆっくりします。)
  • You can go ahead and chill out there.
    (先に行ってくつろいでていいよ。)
  • Let’s chill out by the beach for a few hours.
    (ビーチで数時間ゆっくりしよう。)
興奮している人やすごく怒っている人に対して、「Chill out!」と言うと「落ち着いて!」という意味になります。

英語日記BOY」とは?

「英語 独学」Google検索第1位!

お金を掛けずに身近なツールで英語を学びたい人は、新井リオさんの「英語日記BOY」がおすすめです。

大学在学中に独自のメソッドで英語を学び、カナダでフリーランスデザイナーになったという経歴を持つ、新井リオさん。
彼の存在は、カナダで留学している時に何気なく英語の勉強を模索していたときに知りました。

この本では、「自分に必要な英語から」効率よく学ぶ方法を伝授しながら、学んだ英語を「どう使うか」「海外でどう働きはじめるか」の「使い方」についても言及されており、英語の学び方と使い方の等身大の学びが詰まった1冊です。

本当に努力の人で、今でも尊敬している一人です。

最新情報をチェックしよう!