全く同感ってなんて言う?→「 I couldn’t agree more.」

こんにちは。かほ(lay0211aynm)です。
京都を拠点にフリーのデザイナーとして活動しています。

このブログでは、京都を拠点に活動する「フリーランスの徒然なる日常」をテーマに、人生と旅のこと、わたしが日々感じていること、お仕事のこと…など
ちょっと役に立つことを等身大の想いで綴っています。

I couldn’t agree more
相手の考えや意見に「めちゃくちゃ同感してる!!」と伝えたいとき、これ以上同感できないくらい大賛成なときは、
「I couldn’t agree with you.」と表現します。
日常会話ではさらに短縮して「I couldn’t agree more.」とシンプルにwith you を省いて言ったりします。
(例文)
  • I couldn’t agree more. That’s exactly what I am talking about.
    (全く同感。今まさにわたしが話そうとしていたことだよ。)
  • I couldn’t agree more. “Focus on the small win” is one of the most important things.
    (全く同感。“小さな成功体験に意識を向ける”ことは最も大切なことのひとつだよ。)
  • I couldn’t agree more. In the end, you should follow your heart and intuition.
    (全く同感。最終的には自分の気持ちと直感に従わった方がいいよ。)
「I completely agree with you.」とも言い換えることも出来ます。

英語日記BOY」とは?

「英語 独学」Google検索第1位!

お金を掛けずに身近なツールで英語を学びたい人は、新井リオさんの「英語日記BOY」がおすすめです。

大学在学中に独自のメソッドで英語を学び、カナダでフリーランスデザイナーになったという経歴を持つ、新井リオさん。
彼の存在は、カナダで留学している時に何気なく英語の勉強を模索していたときに知りました。

この本では、「自分に必要な英語から」効率よく学ぶ方法を伝授しながら、学んだ英語を「どう使うか」「海外でどう働きはじめるか」の「使い方」についても言及されており、英語の学び方と使い方の等身大の学びが詰まった1冊です。

本当に努力の人で、今でも尊敬している一人です。

最新情報をチェックしよう!