【活動記録】2020年6月。夏至の青天の霹靂。メンターに会いに、沖縄へ。

こんにちは。かほ(lay0211aynm)です。
京都を拠点にフリーのデザイナーとして活動しています。

このブログでは、京都を拠点に活動する「フリーランスの徒然なる日常」をテーマに、人生と旅のこと、わたしが日々感じていること、お仕事のこと…など
ちょっと役に立つことを等身大の想いで綴っています。

6月は大きなターニングポイントになった月でした。

この時のカレンダーには、

・Done is better than perfect.(完璧よりとにかく終わらせろ。)
・2割共有(早いうちで方向性を共有する)
・7割の完成度で世に出す
・ゴールを明確に設定する

といったことを書いていました。

【活動記録】2020年5月。迷走、メガベンチャー受けてみた。

就活②:沖縄Web制作会社→採用→内定

東京フリーランスの記事「制作費ゼロなのに高粗利を実現!?沖縄No.1のWeb制作会社社長に「サブスクリプション型経営戦略」の極意とWeb制作のこれからを突撃取材してきた!」の記事を読んで、全身がカッと熱くなった私は即座に紹介されていた沖縄のWeb制作会社のWebデザイナーの求人を見つけて、身につけたスキルとこれまでにつくった制作物をまとめて応募しました。

結果は、Zoom面談を通過し、ぜひともチームに加わってもらえればと採用の内定をいただくことができました。

これまで書き溜めていたブログを読んでもらえており、面談の時に文章力を評価していただけたのも採用の後押しになったと聞きとても嬉しかったです。

しかし、一旦冷静になって本当に沖縄に就職するのかをゆっくり考えさせてもらうことにしました。

面接官がとても親切な人格者の方で、内定のお返事は待ってくださる、ということでした。

夏至の青天の霹靂。

はじめて営業したお客様にHPを納品してからすぐ、ぜひ紹介させてほしい、と3件のお客様をご紹介していただきました。

そのうちの一人のお客様のところへ向かっていたある日、待ち合わせをしていた駅で青天の霹靂とも思える出来事がありました。

“フリーランスになろうとしない限り、なれることはない。”

不意に天からの声が聞こえてきました。

あの頃の自分には、強烈すぎるくらいの衝撃でそれがきっかけで完全にフリーランスになる決意を固めていきました。

メンターに会いに、沖縄へ行ってみた。

4月から毎週のようにZoomで話すのが、当たり前のようにお世話になっていたメンターとこの日も日付が変わる頃まで話し込んでいました。

すると彼の口から「僕、明日から1ヶ月沖縄行くことにしたんで」と言われました(なんとその日の朝決めたという)

フルリモートのフリーランスってこんな感じなのか、と驚きつつも、「行ってらっしゃい」と見送ったら、返ってきた返事がまさかの「来たらいいじゃないですか?待ってます。」でした。多分、誰が相手でも彼はこんな風に言ったと思いますが。

まさか、自分が本当に会いに行くなんて…

沖縄の制作会社さんの返事もまだ出来ておらず、心にモヤモヤがあったのですが、
ただ、なんとなく、行けば答えが見えてくるような気がしていました。

そして、12年振りに沖縄本島へ行きました。

その後、その彼とはメンターを越えて、正式に付き合うことになりました。

フリーランスとして活動することを決意

沖縄で最近の出来事を話しているうちに、「もう無敵やん。」という彼の言葉が後押しになり、とりあえずやれるところまでやってみようとフリーランスとして独立することを決意しました。

出来るができないかなんてやりもしないうちから、答えを出さなくていい。

そうやって吹っ切ることができて、大きくフリーランスとして活動することに舵を切り始めた月になりました。

結果的に、沖縄の制作会社さんの内定もお断りすることなったのですが、自分の中で納得して得た決断なので、1ミリの後悔もありませんでした。

2020年7月に続く・・・

【活動記録】2020年7月。憧れのメディアでライターになれた。

最新情報をチェックしよう!